2017年07月30日

mesisisisistyugaksausa
朝からオフィスでクライアントとの案件を見事に全部捌きまくった帰りに駅の近くで中学の頃からの友人に遇ったから一緒に夕飯を食べました
中学の頃からの友人と言っても実は同じ中学じゃなくて、知り合ったのも共通のイベントとか部活等じゃなくて、こいつが原付で僕に突っ込んで来たから(笑)です
そんなきっかけで知り合ったし、中学はもちろん高校も大学も会社も違った挙句に年に数回ぐらいしか会わなくて&会えなくて、特に御互いが県外の大学に進学してからは更に疎遠になって、最近はメールのやりとりぐらいだったのに久しぶりに見かけても御互いが一瞬で判る関係は、同じ中学&高校&大学だったとしても、ただ、同じ同じ中学&高校&大学だったというだけで圧倒的に合わない奴が多い事を鑑みなくても、素敵な関係です
寧ろ、同じ中学&高校&大学だったら、今の関係の様になってたかどうか判らないです
僕と圧倒的に合わない奴らが僕らの関係を邪魔をした可能性がありますからね
と考えたら、人間関係は立ち位置と距離感だと改めて感じました
圧倒的に合わない奴はどんな立ち位置と距離感でも圧倒的に合わないですけどね 笑
だって、僕が合わない奴は確実に僕以外とも合わないですもん
ま、感情論と精神論で判断してないですからね
基本、年の半分くらいしか地元に居ないんですけど、それでも、地元に帰国する理由になる存在は、今までもこれからも貴重です

(10:37)

φ( ̄∇ ̄*)

2. Posted by 片桐小向   2017年09月09日 08:49
武尊蕪村さんへ
寧ろ、物理的に近い奴らの方が色々な意味で意外と厄介だったりするから、合うメンバーとの出会いは面白いのかと
1. Posted by 武尊蕪村   2017年09月05日 13:53
ただ、同じ学校だったとか、同じ職場だったとか、同じ地域に住んでたとかというだけの関係よりも、物理的な距離に関係無く、合うメンバーとの出会いが人生にとって1番の重要事項ですな

コメントする

名前
 
  絵文字