2017年03月03日

nasasaieuereerev
関西地方の大学で講義をした後、僕が学生の頃から付き合いがある婆ら(笑)と昼食を食べました
知りあった時は御嬢様らでも、あれから約20年・・・
みんな、20年前は(そこそこ)可愛かったんですけどねぇ(汗)
超盛り上がったんですけど、全員に「片桐君は無職の方が活き活きしてるねぇ」と言われました・・・
僕、『僕』を確立してから毎日24時間ずっと活き活きしてるつもりなんですけどねぇ
やっぱり、この国、この国の会社、この国の奴らに邪魔され続けてる僕を観てるからなんでしょうねぇ
僕が未だに無職の要因は、当然いくつもあるんですけど、その1つが僕が天才過ぎるからです
天才過ぎるが故に我慢出来ないんです
22~25歳の時に属した印刷会社は入社1日目・・・と言うか出社して2時間で「社畜と会社人と無能と精神障害と発達障害の軍団だ」と感じて、実際に、1週間も経たない内に上司や先輩らの話を聴いてて「こいつら、洒落た感じに振舞ってるけど中身はすっからかんな雰囲気しか伝わってこない」と確信したし、実は取引業者からも良く思われてない事が判ったし、なによりも「ばれなかったら少々の事をやっても構わないし、少々の事なら意外とばれない的にしか考えてない社風は絶対に長く続かないし、誰かが勢いで方向付けたら誰も止められない&止めようともしない雰囲気が全体にあるから、この先、伸びるどころか優秀な人程辞めてくと思う」と同僚に打ち明けてたら、毎年、(優秀か優秀じゃないかは別にして)先輩が何人か辞めてくし、挙句に僕が会社を辞めて10年後に某事件の地方での主犯格で新聞に載ってました
あの会社が特殊な訳じゃなくて何処も同じでしょうけど、目先のテクニックだけ巧い奴だらけだったのは事実です
それでも我慢して属し続ける事を「労働」と言うなら、僕は今までもこれからも「労働」を出来ませんし、「労働」をする気はありません
少なくとも僕は対価報酬をもらえる行為の「労働」をしたいです
ちなみに、人間関係でも最初に受けた印象が90%以上当たるから、少しでも違和感&嫌悪感を感じた奴とは絶対に絡みたくないですし、僕が嫌ってる奴は確実に僕以外も嫌ってる事を自信を持って言えます
面接を受けても最初に人事担当者が馬鹿だと感じたら、以降どんなにそいつが頑張っても馬鹿以外の印象がありません
色々質問したら物事の本質を理解ってなかったりして、余計に馬鹿以外の印象を持てずに、結果的にぼろぼろの面接になります
おかげで、そいつのせいで僕だけがぼろぼろになるのはむかつくから、必ず録音&録画をして特にむかついた会社に対して御礼に面接の様子を焼いたCDを御礼状と共に送ってるんです
それでも、社畜さ&会社人さをアピールする事を「面接」と言うなら、僕は今までもこれからも「面接」を受ける事が出来ません&受けません
少なくとも自分の人生に登場して欲しい会社と出会えるかどうかの出会いの「面接」を受けたいです
僕が融通を利かせて更に馬鹿になれば簡単に片付くでしょうけど、僕は正解じゃないですけど、あいつらなんかよりは間違ってない自信と根拠があるから直す必要が無いですし、直しませんし、間違ってる方が直した方が簡単に片付く問題です
そういう意味じゃ「片桐君は無職の方が活き活きしてるねぇ」は大正解ですし、それ以外に正解は無いですね・・・

(13:37)

φ( ̄∇ ̄*)

2. Posted by 片桐小向   2017年04月11日 00:13
ミユキタンさんへ
僕だって何処かに属さないと生きて行けないんですけど、応募しても応募しても採用されないから!
1. Posted by ミユキタン   2017年04月07日 07:35
私も、最初の会社が同様な感じでした
即断して転職して、今の会社は『労働』をする事が出来てるから良かったです
片桐さんは自由業でも生きて行けるけど、私は何処かに属さないと生きて行けないから・・・

コメントする

名前
 
  絵文字