2015年11月22日

730b26f6.jpg
九州地方にある高校で講演会をしました
10年位前から何度か呼んでくれてるんですけど、今までの講演会で既に僕が如何に天才かを判ってるから「 生徒の将来に役立つ事を喋ってください」と言われてたおかげで、無事にすべる事無く終える事が出来ました
・・・本当にすべってないってば! ( ̄ロ ̄lll)/
寧ろ、大爆笑だったんだぞ! (o゚□゚)o<
という訳で(?)、いつもは講演会風景写真を撮ってるのに、今回は、実はカメラを控え室に忘れてて撮れなかったから帰り際に撮った校舎 ↑
ちなみに、「生徒の仕事は勉強する事・・・じゃなくて世界を広げる事 社会人の仕事は金銭を稼ぐ事・・・じゃなくて馬鹿と闘う事」的な話をしたんですけど、生徒は理解ってくれたのかなー
「生徒の仕事は勉強する事」は学校関係者が頻繁に偉そうにほざきやがる如何にもな戯言ですけど、それなら勉強をしただけギャラを払えという簡単なロジックなのに、実際は偉そうにほざきやがってる側だけがギャラをもらってるという矛盾を、偉そうにほざきやがってる側は誰も説明出来やがりません
なによりも、誰よりも生徒の世界を狭めてる分際で、偉そうにほざける資質も資格も存在しません
で、世界とは可能性の事です
学校に属してる間に選択肢を増やしとけば、それだけ安心と自信を確保出来ますから
それを教えるのが学校なはずなのに、残念ながら、この国の教育は・・・
偉そうにほざきやがったから「じゃあギャラを払え」と返したら、本質を理解らずに感情論でしか返せなかった中1の時の担任の中本みたいな奴が普通にうじゃうじゃ居ますから
ま、教育だけの話じゃないんですけどね
自分らが苦労したから、お前らも必ず無駄に苦労しろ的にしか考えない民族だからこそ、社会人になったら馬鹿と闘わなければいけなくなるんです
学校に属してる間に何も選択肢を増やさなかった馬鹿と・・・
ちなみに、僕は小学校の頃に色々遭ったせいで、この国、この国の会社、この国の奴らを特に反面教師にして、中2で投資を始めたりコラムを書き始めたりして世界を広げたんですけど・・・、今、馬鹿と闘ってます
人生、難しいですな(笑)

(12:41)

φ( ̄∇ ̄*)

2. Posted by 片桐小向   2016年01月13日 00:25
もーりんさん→
だからこそ、僕は『馬鹿を相手にしない』が自分のルールなんです
1. Posted by もーりん   2015年11月26日 23:24
そういう本質が理解ってる教師が1人でも居たら人生観が変わると思うんですけどねー
教師に限らず上司とか経営者もですけど

コメントする

名前
 
  絵文字