2019年02月26日

無茶はするな
でも、無理はしろ
人生は、その境目が面白いんですから

(07:59)

2019年02月25日

sakuranjyoutaissss
近畿地方で講義とセミナーをしたから、優雅に散策しました
・・・目的が無いのに散策してる自分にむかついたから1時間もしない内に帰宅しましたけどね 汗
余裕を持った人生を過ごす為に22歳から属してた会社をぴったり3年=25歳で解雇してから毎日無職ですけど、どせっかち&Workaholicerだから仕方が無い・・・のか!?
実際、何もしない=非生産的な時間が病的に怖くて、妻に内緒で大勢の彼女らと遊んでる時でさえ進行中のプロジェクトの事とか次回のネット配信&講演会等のネタとか考えてしまってるのもあって、人生で心の底から楽しんだ事なんか1度も無いです
僕にとっての本当の意味のセカンドライフは何処に在るんでしょうか 汗
でも、僕を、こんな『僕』にした元凶は環境で、ただでさえ親が食べ方は汚以下略なのに、小1の時の花瓶を割った犯人にされた事件をきっかけに小4の時の下段を荒らした犯人にされた事件、小5の時の正当防衛事件、中2の時の体罰を訴えた事件、中3の時の校則事件、高1の時の担任を訴えた事件、高2の時の学年主任を訴えた事件、大1の時の部の先輩のレベルが低過ぎた事件、大2の時の部の先輩のレベルが低過ぎた事件2、大3の時の教授のレベルが低過ぎた事件、23歳(社会人1年生)の時の属した会社のレベルが低過ぎた事件、24歳(社会人2年生)の時の属した会社のレベルが低過ぎた事件2、25歳(社会人3年生)の時の属した会社のレベルが低過ぎた事件3等で、周りが馬鹿に見える病、周りが無能に見える病、周りが信頼&信用出来ない病を次々に発症した事を考えたら、如何に僕が被害者かが理解ります
残念ながら、人生は良い事よりも悪い事の方が当然多くて大きいのが事実で、それでも、寧ろ、だからこそ、如何に良い存在に出会えるか=良い環境に出来るかが人生の1番重要なテーマだと何度も思い知って、その為に日々闘ってたら、こんな人生になってしまってました
如何に抗っても、環境を基に培われた経験が創り導き出してしまった気質は、最早、理解ってても今更今頃変える事が出来ないままに未だに病状を引き摺ってるのが現実で、しかも、難発性吃音症、コミュ障、種馬病等も併発してしまって、最近は特に世間一般的な日常生活を過ごす事が1秒も出来ないです
それでも、世界中に居る大勢の妻と大勢の子の為に生きて行かなくちゃいけない僕に、誰か御小遣いをください

(12:54)

2019年01月22日

出来ない要因は、やる前じゃなくて、やった後に言うべきです
出来た要因は、全員にじゃなくて、やった後に価値観を共有出来るメンバーにだけ言うべきです

(00:12)

2018年12月27日

僕は、年齢や性別や国籍や学歴や家柄や見た目で判断&評価する事は絶対に無いです
ただ、闘ってるか闘ってないかで判断&評価してるだけです

(10:40)

2018年12月06日

決して僕が世間からズレてる訳じゃないです
世間が僕からズレてるだけです

(11:56)

2018年11月29日

社畜&会社人になる事が『働く』という事なら、僕は絶対に働きたくないです

(16:21)

2018年11月09日

kouennsiasasaw
中国地方で講演会をしました
ちなみに、いつもの経済系とか哲学系とかのオファーじゃなくて教育系です
オファーをくれた担当に僕を一体何処で見つけたのかを訊いたんですけど、結局、心当たりが無くて、よく判りませんでした
人違いかもと思ったんですけど、オファーを出すきっかけを聴いたら完全に僕の事だし・・・
という訳で、「未だに毎日闘ってる人生で、特に小~中は大変な苦労があったと聴いてます 小学生の子を持つ親として、それでも最終的に色々なカテゴリで成功してる片桐さんのエピソードを中心に経験談を御願いします」と言われたから、僕が如何に特に小~中で、この国、この国の会社、この国の奴らはもちろん学校にも教師にもいじめられてきたかを実名で説明しました
今は今、昔は昔で、この国なんかに教え育む=教育なんか存在しない事を再認識してもらえたと思います
と言うか、僕、色々なカテゴリで成功してたのか・・・汗
ま、偏差値15で貧乏なのに年収¥900000を稼げてるから、成功と言えば成功かなー
元々、僕が周りが馬鹿に見える病を発症したのは厳密に言えば小4の時なんですけど、決して僕の我侭を受け入れやがらない周囲にキレた訳じゃなくて、当時から他校に友達が結構居たからネットワークを駆使して情報交換をしてたのもあって我が校の状況とかレベルが超低い事が判ってて、それでも学校=教師は偉そうにほざきやがってるから、それだけ偉そうにほざきやがるならと相応のレベルを要求したら、あからさまな嫌がらせをされたのがきっかけです
小5の頃は特に酷くて、いちいちわざわざ事件化させて対立してた程発症してから驚く様なスピードで悪化しまくって、それでも教育委員会に相談&報告をしただけで済ませてあげてた僕は、相手が死ぬまで追い込む今とは別人な程優しかったなと未だに感心してます
それは、あまりにも理不尽な扱いを受けてた僕を、あまりにもかわいそうに思ったのか、友人らが「あいつは悪意だけで色々やる様な奴じゃないから、必ず理由があるはず」と、特に僕と対立してた教師に言ってくれたと伝え聞いたからです
ぶっちゃけ、学校=教師以外も全員敵だと思ってたから、僕以外でも問題意識を持ってた存在が居る事が超嬉しかったです
実際、以降は僕に思い知らされて多少は大人しくなりやがったし、小6の担任の石村の様に僕を多少理解しようとしてくれた奴も現れたのもあって、やっと楽しい学校生活を過ごす事が出来る様にな・・・った訳無いだろ!
結局、学校=教師が無能だらけだから、むかついたまま卒業を迎えてしまって、未だに夢でうなされる程の無念です
小学校は住んでる地域の関係だけで学校が決まってしまうから、せめて今日講演をした学校の児童だけは安易に学校=教師を信用&信頼せずに自分の目と耳で判断して闘い進んで楽しい学校生活を過ごして欲しいと思います

(15:13)

2018年10月26日

karabobobobobobobob
始まりがあれば確実に終わりもあります
その終わりが怖いなら、何も始めなければ良いんです
進まない替わりに、絶対に後退もしませんから
事勿れな体質の民族には簡単に思い付く手段です
そんな人生で良かったら、今すぐやれば良いんです
誰も非難&否定しませんし、寧ろ、色々な意味で微笑ましく許容してくれると思います
絶えず人脈の大事さを説いてる僕は、例え簡単に終わると理解っててもチャレンジ&トライし続けますけどね
勝ち負けだけが損得じゃないですし、繋がりを基に何かを得る事だってありますし
昨日終えたプロジェクトは今までとはカテゴリが違ったプロジェクトだったんですけど、いつもの今までのメンバーに助けられて無事に終える事が出来ました
相変わらず僕の無能さだけが目立っただけで結局何も役に立つ事が出来ないままでした
それでも最後まで笑い合えた事は自信になってます
次に会う時は、もっと前へ進んだ&階段を上がった僕を見せる為に、僕は明日を生きる決意をします

(14:28)

2018年10月02日

本当の自分を、実は、自分自身も理解ってないし、知らないです
恐らく、一生理解らないし、知らないままです
だからこそ、今日もあちこちの引き出しを開けて自分自身を探すんです

(00:23)

2018年09月19日

幸せは、掴むものでも、求めるものでも、感じるものでも、見るものでもないです
ただ、創るものです

(09:47)